バストアップ関連

ナイトブラにクーパー靭帯を守る効果はあるの?垂れ防止に必要なアイテム!

ここ数年で一気に人気を高めているナイトブラには、クーパー靭帯を守る効果はあるのでしょうか。

ツンと上向きのバストは、女性の憧れ。

いくらバストが大きくても、だらんと垂れていたりトップの位置が低かったりするのでは、お世辞にも「きれいでスタイルが良い」とは言えません。

そんなきれいなバストと重要な関わりを持っているのが、クーパー靭帯

クーパー靭帯という言葉を、聞いたことがありますか?

クーパー靭帯はバストケアをする上では欠かせないものなのですが、ここでは、ナイトブラにクーパー靭帯を守る効果はあるのか?について、徹底的にご紹介していきます。

ツンと上向きのバストの維持、垂れ防止のためにも、ナイトブラは必須アイテムなのです!

クーパー靭帯とは?

まずは、クーパー靭帯とは一体何なのか?といったことから、お話ししていきましょう。

クーパー靭帯は、バストにある靭帯のことです。

クーパー靭帯って?

クーパー靭帯は、バストを支えている組織の1つ。

バストの成り立ち

・乳腺組織
・脂肪
・クーパー靭帯

乳腺組織は母乳を出すために必要なもので、その乳腺組織を守るために脂肪がついています。

クーパー靭帯は、そんな乳腺組織+脂肪というバストを、吊り上げるためのもの。

バストを皮膚や大胸筋につなげるように、バスト全体に張り巡らされているのです。

網目状に張り巡らされており、コラーゲンの繊維束のようなイメージですね。

バストを吊るすという重要な役割を担っているクーパー靭帯ですが、とても繊細なので注意しなくてはなりません。

クーパー靭帯が伸びる原因って?

クーパー靭帯はとても繊細なので、ちょっとしたことで伸びてしまいます。

加齢や日常生活の負担によって、伸びたり切れたりしてしまうんですよ。

日常生活の負担といっても、そこまで珍しいものではないのが厄介なところ。

どんなことが原因で、クーパー靭帯は伸びるのでしょうか。

加齢

クーパー靭帯が伸びる原因には、加齢があります。

年齢を重ねると皮膚の至るところが伸びるように、クーパー靭帯も伸びやすくなります。

バストの土台である大胸筋が衰えることも、クーパー靭帯の負担が増えるため伸びる原因といえるでしょう。

重力

バストは、重力の影響を常に受けています。

立っているときは下に、寝ているときは横に、あらゆる重力を受けているのです。

重力はバストが重ければ重いほど(大きければ大きいほど)大きな影響を受けるわけですが、小さい人でも重力の影響は受けるので注意しましょう。

揺れや振動

歩く、走るといった動作やスポーツによってバストが大きく揺れることも、クーパー靭帯が伸びる原因になります。

激しく揺れたり振動することで、バストを支えているクーパー靭帯が、耐えきれなくなってしまうのです。

バストサイズの急激な変化

バストが急に大きくなって萎むなど、サイズの変化もクーパー靭帯が伸びる原因に。

妊娠や授乳のときには、乳腺が発達してバストが一気に大きくなりますが、その後元のサイズに戻ります。

このとき、大きくなったバストを支えるためにクーパー靭帯が伸びてしまうのです。

妊娠や授乳だけではなく、太ったり痩せたりを繰り返している人も、クーパー靭帯は伸びやすいと言えるでしょう。

伸びるとどんな影響が?

クーパー靭帯が伸びる原因についてお話ししましたが、では、クーパー靭帯が伸びるとバストにどんな影響が出るのでしょうか。

バストに特に影響がないのなら、気にしなくてもいいか‥なんて思う人もいるでしょう。

クーパー靭帯は、切れたり伸びたりしても自覚症状はありません。

痛みもなければ、「あ、切れたかも」なんて気づくこともないのです。

靭帯が切れると聞くと、足の靭帯が切れたときのような激痛を思い浮かべる人もいると思いますが、クーパー靭帯の場合は痛みなどは全くなし。

そのため、知らず知らずのうちにクーパー靭帯が伸びていた(切れていた)なんてことは、わりとよくある話なんですよ。

クーパー靭帯が伸びると、こんなことが起こります。

バストが垂れる

クーパー靭帯が伸びると、バストが垂れてしまいます。

クーパー靭帯はバストを吊り上げるためのものだ、という話をしましたね。

クーパー靭帯はバストの上の部分、デコルテに近いところにあり、皮膚のすぐ下でバストを吊り上げています。

バストを吊り上げるためのクーパー靭帯が伸びてしまうということは、すなわちバストを吊り上げる力がなくなってしまう、ということ。

ゴムに重りをつけてぶら下げておくと、次第にゴムが伸びて重りがだらんと下がってしまうでしょう?

それと同じで、バストも重力に逆らえずに垂れてしまい、トップの位置も低くなってしまいます。

だらんと垂れてしまうのは、見た目的にもきれいとは言えませんね。

バストのハリがなくなる

クーパー靭帯が伸びると、バストのハリがなくなります

年齢と共にお肌のハリがなくなったことを、痛感している人もいると思いますが、バストにもそれと同じことが起こっているのです。

バストは、複数の乳腺と脂肪から成っており、クーパー靭帯はそんなバスト全体を支えているもの。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、バストは一気にハリを失ってしまうでしょう。

ハリがなくてたるんでしまったバストは、見た目だけでなく乳腺の働きも低下してしまうと言われています。

ハリが失われるのはある程度の年齢になっていることもあるので、乳腺の働きの低下は年齢も関係していることは否定できません。

とはいえ、クーパー靭帯が伸びるとバストのツヤもなくなり、弾力性ももちろんなくなり、さらに形も崩れることになるでしょう。

 サイズダウンする

クーパー靭帯が伸びると、バストがサイズダウンしてしまいます。

バストの正しい測り方は知っていますか?

バストは、アンダーバストとトップバストの差でカップが決まるように、アンダーとトップをメジャーで計測することになります。

このとき、トップバストというのはバストの膨らみの一番大きいところ、高さがあるところのこと。

大抵の場合は、乳首のあたりかなと思います。

ハリがあって上向きのバストならば、前を向いて立っていれば、正しいトップバストのサイズを測ることができるでしょう。

しかしながら、クーパー靭帯が伸びて垂れたりたるんだりしていたとしたら、どうでしょうか。

トップの位置が下がっていますから、必然的にトップバストの数字も小さくなりますよね。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、重力で下がったり横や下にバストが流れて、高さが保てなくなってしまうのです。

元々の数字よりも、年々トップバストの数字が小さくなっていると感じたら、もしかしたらクーパー靭帯が伸びてしまっているのかもしれません。

すぐに気づくためにも、定期的にバストサイズを計測することが大切です。

 クーパー靭帯はもとに戻るの?

では、伸びてしまったクーパー靭帯は、もとに戻るのでしょうか。

ネットには様々な情報が飛び交っており、中には「コラーゲンを摂取すると伸びたクーパー靭帯がもとに戻る」なんていうものも。

それが本当ならば嬉しい話ですが、残念ながら一度伸びてしまったクーパー靭帯は、二度ともとに戻ることはありません。

コラーゲンを摂取するともとに戻るという話は、信憑性のないデタラメなので信じないようにしてください。

クーパー靭帯はバストを吊り上げているわけですが、伸縮性のあるいわばゴムのようなもの。

子供の頃、学校で使っていた赤白帽子のゴムが伸びて、びよんびよんになってしまったことはありませんか?

そのびよんびよんになったゴムは、洗濯したり何かしたらもとに戻りましたか?

一度伸びてしまったゴムは、もとには戻りません。

クーパー靭帯もゴムのようなものなので、伸びてしまうともとに戻すことはできないのです。

クーパー靭帯をもとに戻すというわけではないですが、垂れてしまったバストを戻すための美容手術に「下垂乳房形成」というものがあります。

これは、たるんだ皮膚を取り除いていくという手術で、同時に豊胸手術も可能。

見た目はかなりきれいに仕上がるので、違和感はありません。

手術にかかる時間は3時間程度と言われていますが、費用は保険適用外となるため約100万円ほどかかってしまいます。

手術は感染症などのリスクもゼロではありませんから、やはりバストケアは「クーパー靭帯を伸ばさないようにする」ことに重きを置くべきだと言えるのではないでしょうか。

どうやったら伸びるのを予防できる?


クーパー靭帯は一度伸びたらもとに戻らないからこそ、伸びるのを予防することが大切です。

クーパー靭帯を保つためには

・胸筋を鍛える
・負担がかかる運動を控える
・うつぶせで寝るのを控える
・サポートしてくれる下着を使う

これらについて、くわしく見ていきましょう。

胸筋を鍛える

クーパー靭帯が伸びるのを予防する方法には、胸筋を鍛えるというものがあります。

バストそのものはクーパー靭帯が支えているのですが、バストの土台でもある大胸筋や小胸筋を鍛えることで、クーパー靭帯の負担を減らすことができると考えられているのです。

胸筋が直接的にクーパー靭帯の代わりとなるわけではありませんが、クーパー靭帯の負担が減るというのはいいですよね。

負担が減れば、それだけクーパー靭帯が伸びにくくなるといえるでしょう。

胸胸を鍛える具体的な方法には、

・合掌のポーズ
・壁腕立て伏せ
・肩を動かすトレーニング

などがあります。

合掌のポーズ

合掌のポーズは、身体の前で手のひらを合わせて力を入れるというもの。

肘から手首までがまっすぐになるように意識して、行ってください。

①手のひらをバストの前で合わせて5~10秒キープする
②手のひらを顔の前で合わせて5~10秒キープする
③手のひらをおへその前で合わせて5~10秒キープする

これを1セットとして、1日3セットを目安に行いましょう。

壁腕立て伏せ

壁腕立て伏せは、壁の前に立って壁を押すように行います。

このとき、きちんと大胸筋が刺激されているのを確認してくださいね。

腕を曲げた状態で5秒キープし、ゆっくりもとの位置まで戻します。

これを10回、3セット行いましょう。

肩を動かすトレーニング

最後の肩を動かすトレーニングですが、これは大胸筋ではなく小胸筋を鍛えるトレーニングになります。

背筋を伸ばして腕を両脇につけ、腕を動かさずに肩だけを回します。

肩だけを、後ろ、前と順番に動かしていきましょう。

腕を動かさないようにすることがポイントです。

どれも特別は道具は必要なく、身体ひとつでできるものばかりなので、ぜひ毎日行ってみてください。

 負担がかかる運動を控える


クーパー靭帯が伸びるのを予防する方法には、負担がかかる運動を控えることがあります。

激しい運動をすると、バストが上下左右に揺れてしまいますよね。

跳んだり跳ねたりする運動は、クーパー靭帯に多大なる負担をかけてしまうもの。

大きな揺れや振動は、クーパー靭帯を伸ばす原因になるのです。

できることなら、激しい運動は控えた方がいいかもしれません。

しかし、部活で運動をしている人や趣味で運動をしている人などは、「運動禁止」にするのはかなり酷ですよね。

そんなときは、きちんと対策をとるのがおすすめ。

運動をするときにはスポーツブラを着用したり、さらしを巻いたりすることで、バストが揺れるのを防ぐことができますよ。

 うつぶせで寝るのを控える

クーパー靭帯が伸びるのを予防するには、うつぶせで寝るのを控えましょう。

あなたは普段、どんな格好で寝ていますか?

仰向け、うつぶせ、横向きなど様々な寝方がありますが、この中でももっともバスト、クーパー靭帯に負担がかかるのがうつぶせで寝ること。

うつぶせで寝ると、自分の体重すべてでバストを潰すことになるため、最悪なのです。

仰向けや横向きであっても、ナイトブラを着用しないと重力によってクーパー靭帯に負担がかかってしまいますが、それでもうつぶせよりはマシでしょうね。

寝るときはうつぶせは避け、ナイトブラを着用することが大切です。

 サポートしてくれる下着を使う


クーパー靭帯が伸びるのを予防するには、サポートしてくれる下着を使うのもいいでしょう。

昼間は下にかかる重力を防ぐため、ワイヤー入りのブラジャーを。

そして夜は、あらゆる方向への重力を防ぐためにナイトブラを着用しましょう。

寝るときにブラジャーをしたくない、寝るときはノーブラ派!という人もいるでしょうが、寝るときはナイトブラ以外は危険だと覚えておいてください。

日中、スポーツをするとき、寝るときと用途に合わせて下着を使い分け、クーパー靭帯が伸びるのを防いでいきましょう。

ナイトブラでクーパー靭帯を守る

クーパー靭帯は、一度伸びたら二度ともとに戻すことはできません。

だからこそ、普段からクーパー靭帯を守るようにしていかなくてはならないのです。

普段はブラジャーを着用しているでしょうから、サイズの合っているものを使用していれば、そこまでクーパー靭帯に負担がかかるということはありません。

差が出るのは、むしろ寝るとき。

寝ているときほど無防備なものはなく、寝ているときほどクーパー靭帯に負担がかかるときもありません。

ノーブラで寝ると、バストはあらゆる方向に流れます

立っているときよりも、横になったときのほうがバストが小さく見えるのは、バストが左右に流れてしまっているから。

ナイトブラで重力でバストが流れないようにし、クーパー靭帯を守っていきましょう。

寝るときにワイヤー入りの昼間用のブラジャーをするのも、血行が悪くなる可能性があるため、NGです。

ナイトブラの着用で垂れ防止

ナイトブラを着用して寝ることで、バストの垂れを防止することにも繋がります。

ナイトブラは、伸縮性のある生地でバストを中央にキープすることができるため、バストが左右や上下に流れるのを防ぐことができます。

横になっても、立っているときと同じような見た目のバストをキープできる、ということ。

寝るときにしっかりとバストやクーパー靭帯を守ることで、垂れるのを防いでいきましょう。

バストが垂れるというのは、すなわちクーパー靭帯が伸びている可能性が非常に高いということなので、垂れないようにしていきたいですね。

きれいな上向きのバストをキープするためにも、毎日のナイトブラは必須アイテムなのです。

まとめ

ナイトブラとクーパー靭帯の関係性について、お話ししました。

クーパー靭帯は、私たちのバストを吊り上げるためのもので、きれいな上向きのバストをキープするためには必要不可欠なもの。

一度切れたり伸びたりすると二度ともとには戻らないので、クーパー靭帯が伸びないように予防することが大切です。

ナイトブラは、寝ているときにバストやクーパー靭帯に負担がかかるのを防いでくれますから、ぜひ毎日着用するようにしてください。

毎日の取り組みやほんの少しの意識が、クーパー靭帯を守ることに繋がるのです。