バストアップ関連

バストアップで彼氏が喜ぶ理想の大きさと形とは?胸を揉むと本当に効果あるの?

彼氏が喜ぶ体って?

みなさんの理想の体は、どんな体ですか?
自分のバストの大きさや、形に満足していますか?

女性が憧れる体型といえば、バストが大きく、お腹やお尻がキュッと引き締まった、モデルのような体型ではないでしょうか。
理想の体型を目指して、日々食事制限や運動、筋トレに励んでいる女性も多いはず。

実は、理想の体型については、男女で違いがあるのをご存知ですか?

今回は、理想のバストや体型について、男性目線でご紹介していきたいと思います。
男性に喜ばれる、モテ体型になるためにも、ぜひ参考にして下さいね!

痩せすぎていない

女性は、スレンダーな女性芸能人にあこがれる人が多いですよね。
しかし、男性からすると「ちょっと、痩せすぎでは?」と思う事も多いようです。

男性は、自分にはない柔らかさを、女性の体に求めています。
痩せすぎず、少し肉づきがある体型の方が、男性には人気のようです。

男性によって、好みの体型は分かれますが、「女性の理想体型」について、いくつかご紹介したいと思います!

グラマー体型

男性が好きな、いわゆる「ボンキュッボン♡」の体型です。
バストやヒップにボリュームがあり、ある程度の肉づきがあるため、世代を問わず男性から人気の体型です。

女性芸能人でいうと、綾瀬はるかさんがこのタイプに近いかな、と思います。

モデル体型

街でモデル体型の女性を見かけると、つい見とれてしまいますよね。
手足が長く、スラッとしたモデル体型の女性は、やはり人気が高いです。
手足の長さや細さは、生まれつきのものもあり、努力ではどうしようもない部分でもあります・・・。

長身で、手足が長くて細い、長澤まさみさんや菜々緒さんのような体型は、女性の憧れですよね。

むっちり体型

男性ウケするのは、ダントツでこの体型ではないでしょうか!?
ややポッチャリしつつ、しっかりくびれがあるのが特徴です。

女性から見ると「ぽっちゃりしてるんじゃない?」と思ってしまう、むっちり体型さんですが、実は男性からすると理想的な場合もあるのです。

むっちり体型で人気といえば、やはり深田恭子さんでしょう。
女性らしいラインで、男性から絶大な人気がありますよね。

「お尻が大きい」「二の腕が太い」など、女性が気にしているところは、男性が女性らしさを感じるところでもあるようです。

ただし、お腹が出すぎていたり、全体的にブヨブヨしているのはNG!
くびれをきちんと作り、出てはいけないところは、しっかり引き締めるようにしましょう。

<標準体重算出方法>
標準体重(㎏)=[身長(m)の2乗]×22

<BMI(肥満度)算出方法>
BMI=体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)

18.5未満:低体重(やせ)
18.5~25.0:標準体重
25.0以上:肥満

日本の場合、BMI=22が標準といわれています。
25以上は、生活習慣病のリスクが高まると言われているため、注意が必要です。

また、低すぎる場合もよくありません。
痩せすぎでも、健康に問題が生じるリスクがあるからです。
痩せすぎの人は、筋肉量や脂肪が少ないため、血流が悪く、冷え性や肩こりになりやすい傾向があります。

過度なダイエットは、女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。
自分の標準体重にあった、健康的な体を目指し、女性らしい美しさを意識するようにしましょう。

ほどよいバスト


女性のバストは個人差があり、形や大きさなど、さまざまです。

男性にアンケート調査したところ、理想のサイズはCカップが1位でした。

Cカップが、手にすっぽりおさまるサイズの為、ちょうどいいという声が多いようです。
もちろん、大きいサイズが好きという男性が多いですが、バストの形やハリ、バランスなども大切な要素のようですね。

ポイント

・男性はCカップ以上が好き

・大きくて形のよいバストが理想(垂れているのはダメ)

・大きさと同じくらい、形を重視している

女性らしいライン

先ほどもご紹介したとおり、男性が求める理想の体型は、痩せすぎていない「標準体型」です。
女性が気にしている、二の腕やおしりも、男性にとっては、魅力的に感じているようです♪

女性の体で好きな部分を調査したところ、以下のような結果になりました。

1位:胸
2位:おしり
3位:脚
4位:二の腕

女性らしさを感じる部分に惹かれるのは、男性の本能なのかもしれませんね。

下着メーカーが提唱している、理想のボディサイズの指標

・身長×0.54=理想のバスト
・身長×0.38=理想のウエスト
・身長×0.54=理想のヒップ

理想のバストって?

理想的なバストとは、どんなバストでしょうか?

男性が、女性のバストに求めるものは「形」「大きさ」「柔らかさ」だそうです。
サイズだけではなく、触ったときの感触や弾力が重要!との意見もあります。

理想のバストは、男女で差があります。
男性が好きなバストの形を知って、バストケアの参考にしてみましょう!

柔らかくてハリがあるバスト

バストは、脂肪と乳腺で形成されています。
乳腺とは、母乳を作るための器官で、胸全体に張り巡らされています。
バストの大きさや形は、乳腺と脂肪の量で決まります。

また、バスト上部の大胸筋が鍛えられていると、ハリが出て、バスト全体が大きく見えます。
大胸筋が貧弱だと、ボリュームがなく、バストのサイズが小さく見えやすいので要注意です。

日ごろから、バストマッサージやトレーニングを行うようにし、バスト周りの血流を良くするように心がけましょう。
血流を良くし、バストに栄養が届きやすくなると、バストにハリが出てきます。

バストは大きさじゃなくて形!

バストの大きさも大事ですが、同じくらい男性に重要視されるのが、バストの形です。

バストの形は大きく6つのタイプに分けることができます。
それぞれの特徴を見てみましょう。

皿型

お皿のように薄く、ボリュームのない胸です。
いわゆる貧乳といわれるバストですが、揺れにくいため、下垂が起こりにくいバストです。

三角型

鎖骨から、バストトップまでが直線状になっている胸です。
横から見た時に、三角形に見えるのが特徴です。
バストの上部にボリュームがなく、バストの始まりが不鮮明です。

日本人に多いといわれる胸の形で、一般的に鳩胸といわれるタイプです。

おわん型

皿型よりボリュームがあるバストです。
半球型より、サイズは小さいですが、バストトップが上に向いていて、全体的にハリがあります。

半球型

最も理想的といわれるバストです。
半球のようにふっくらしていて、ボリュームがあり、デコルテもふっくらとしています。

ロケット型(円錐型)

バストが前に突き出していて、ボリュームがあり、欧米人に多いタイプです。
乳腺が多く、脂肪が少ないタイプで、他の形に比べてハリがあり、形が良いのが特徴です。

ヤギ型(釣鐘型、しずく型)

トップとアンダーの差が大きく、ボリュームのある胸です。
下に垂れ気味だったり、乳首の位置も下のほうにあり、ヤギの乳のような形からヤギ型と呼ばれています。

クーパー靭帯が伸びている状態で、ワースト1位の形ともいえます。

男性に人気の形は、「ロケット型(円錐型)」と「半球型」と言われています。
いずれも、若い女性に多いタイプの形で、ハリが感じられるからのようです。

バストはサイズアップだけでなく、自分の体型にあったブラジャーを着けるなど、バストの形を整えるケアもした方が良さそうですね。

理想的なバストの特徴は?

⓵ゴールデントライアングルができる

ゴールデントライアングルとは、左右の鎖骨の中心にあるくぼみと両方のバストトップを結んだ時に、正三角形ができる形のことを指します。

鎖骨からバストトップまでが、長い二等辺三角形の場合は、胸が垂れている可能性があります。
また、鎖骨の中心から、バストトップまでの長さに対し、左右のバストトップの間隔が広い二等辺三角形ができる場合は、離れ乳といえます。

⓶バストトップの高さ

肩から肘を結ぶラインの、2分の1の高さにバストトップがある場合は、バストが上を向いています。
バストトップが、肘の2分の1よりも低い場合は、バストが垂れて形が崩れているといえます。

⓷バージスラインがはっきりしている

バージスラインとは、バストとアンダーの境目のことをいいます。
このラインがはっきりしていると、バストがきれいに見えます。
バージスラインが分かりにくいということは、脂肪がワキやお腹に流れ、バストの形が崩れてきている証拠です。

理想のサイズ

男性の思う、理想のバストサイズとは、どのくらいだと思いますか?

約4割がCカップ、その次がDカップだそうです。

AカップやBカップが好きな男性は、1割未満と、ちょっと女性には酷?な結果でした・・・。
胸の大きな女性が好き、というよりは、ほどよい大きさで「全身のバランスが取れていること」、が重要なようです。

昔の調査では、Aカップが平均的と言われていましたが、ここ数十年で全体的にバストサイズが大きくなっているようですね。

カップサイズは、トップバストとアンダーバストの差で決まります。

Aカップ:約10センチ

Bカップ:約12.5センチ

Cカップ:約15センチ

Dカップ:約17.5センチ

Eカップ:約20センチ

Fカップ:約22.5センチ

Gカップ:約25センチ

Hカップ:約27.5センチ

Iカップ:約30センチ

バストを揉むと大きくなる?


「彼氏に胸を揉まれて、大きくなる」という噂は、よく耳にしますよね。
実際に彼氏に揉まれることによって、「大きくなった」「ハリが出た」、と感じた人もいるのでは!?

バストの成長は、女性ホルモンの分泌が関係します。
好きな人に揉まれて、女性ホルモンの分泌が促されることも、あるのかもしれません。

また、揉まれることでマッサージ効果があり、血行やリンパの流れが良くなる効果もあるようです。
彼氏には、リンパを流すように揉んでもらいましょう!
バストアップ効果が期待できるのでおすすめです。

ポイント

・下から上、内側から外側へ向かって揉んでもらう

・両方のバストを中心に引き寄せて離す

・バストを斜め上に、身体の中心に向かって、少し持ち上げるように引き寄せて揉む

・バストを真上に持ち上げて揉む

・親指、ひとさし指、中指で乳首をつまむ

揉み方が強すぎて、痛い場合は相手に伝えましょう。

バストアップはツボ押しがポイント

バストに関する悩みは、ツボを押すことで解消されることもあります。
バストのツボには、滞っていた血液や、リンパの流れを良くする効果があるのです。
バストマッサージや運動などに比べて、手軽に続けられるため、忙しい女性にもおすすめです。

ツボは東洋医学の考え方です。

体の中の「気」と「血」が巡ることで、体のバランスを整えます。
気と血の通り道を「経路(けいろ)」、経路が交差する部分を「経穴(けいけつ)」と呼びます。
日本では、経穴をツボと昔から呼んでいます。

ツボを刺激することで、体の不調が和らいだり、改善することができるといわれています。

バストアップに欠かせないのが、「血液とリンパの循環を良くすること」「女性ホルモンを分泌させること」です。
特定のツボを押すことで、血流やリンパの流れを改善する効果があります。

女性ホルモンの分泌が盛んになり、乳腺が発達すると、乳腺周辺に脂肪がつきやすくなり、バストアップできるのです。

ツボ押しは、お風呂に入りながら行うことをおすすめします。
体が温まっているので、血行が良くなり効果的です。
また、テレビを見ながらなど、ちょっとした合間に気軽に押してみるのもよいでしょう。

バストアップ効果のあるツボ!

それでは、バストアップに効果のある5つのツボを、ご紹介します。

壇中(だんちゅう)

女性ホルモンの働きを促して、バストアップや美肌に効果があります。

<ツボの場所>
左右の乳首を結んだ線の、ちょうど真ん中あたり。
胸骨のところにあります。

<ツボの押し方>
ツボの上に、左右の人差し指と中指を重ねて刺激します。

天谿(てんけい)

乳腺の発達を促して、バストの形を整え、ハリを与えます。

<ツボの場所>
左右両脇、乳房の輪郭の淵にあり、乳首と同じ高さにあります。

<ツボの押し方>
両手の親指をツボにあて、左右のバストを持ち上げるように、ツボから内側に向かって押します。

渕腋(えんえき)

血行を促して、ハリを与えます。姿勢を良くする働きもあります。

<ツボの場所>
乳首から、わきの下に向かって、10センチほどの位置にあります。

<ツボの押し方>
ツボに左右の親指をあてて、両方同時に刺激します。

中脘(ちゅうかん)

胃腸の動きが落ちると、血液やリンパの流れが悪くなり、バストに栄養を送る力が低下します。刺激して、バストに栄養をしっかりと送りましょう。

<ツボの場所>
おへそから、指幅4本上で、おへそとみぞおちの真ん中にあります。

<ツボの押し方>
仰向けになり、指先を優しく押しながら、上下にマッサージします。

乳根(にゅうこん)

バストアップの土台づくりに効果があります。女性ホルモンの分泌やリンパの流れを促します。

<ツボの場所>
乳頭から、指2本分くらい真下にあります。

<ツボの押し方>
ツボを指で3秒押し、ゆっくり離します。これを数回繰り返します。

まとめ


女性が理想とする体型と、男性が好きな体型とは違いがあることが、お分かりいただけたでしょうか。
スリムで引き締まった体より、健康的でほどよい脂肪があり、女性らしい体つきの方が彼氏も喜んでくれるかもしれません。

日本人女性は、ダイエットで痩せようとしたり、体重を落としたりしがちです。
過度なダイエットは控え、健康的で女性らしい体を目指しましょう!